×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はじめに

トップページ->放課後奇譚・改->はじめに

 あなたは、怪談がお好きですか?
 嫌いですか?
 よく、学校という場所には、怪談がついて回ります。何故でしょうか?
 トイレの花子さん、一段増える階段、踊る人体模型、独りでに鳴るピアノ・・・
 学校という場所は、とても不思議な空間です。
 あなたは学校をいやに広く感じたことはありませんか?
 トイレや、人のいなくなった教室がいやに暗く感じたことはありませんか?
 黄昏時に、誰もいないような錯覚に囚われたことは?
 急に静になって、不安になってしまった様なことは?
 意味もなく、時計の時間の符合が気になったりしたことは?
 そうです。日常と、非日常が混在する場所なのです、学校というところは。
 もし、あなたがそんな風に感じたことがないのなら、一度夜の学校に入ってみることをお奨めします。 あのやけにぼやけた、血色の非常警報のランプが、あなたを出迎えてくれるでしょう。 (注:犯罪を奨めているわけではありません(苦笑))

 このゲームは、アスキーログアウト文庫から刊行された、『放課後奇譚』を参考に、元ゲームのダイナミズムをそのままに(笑)、 よりゲーム的な処理を施したものです。
 『ごく普通の人間が、日常に“存在するかもしれない”怪談の世界を体験する』というゲームの性格上、 ルールよりも雰囲気や、怪談(即ちシナリオ)の流れを優先することが多いため、敢えてルールにこだわる必要はないのですが、 『ゲームをより楽しく、おどろおどろしく盛り上げるために』キャラクターが死亡することを導入しました。
 このため、より怪奇的な(それこそ血みどろの)、時にはB級ホラーやスプラッタ、エルム街の悪夢、果てはクトゥルフ神話、 バイオハザードなど(?)まで対応できるようになっている・・・かもしれません。

 何はともあれ、お楽しみください。
 これは架空の怪談なのですから。