×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

罪を孕みし堕落の子ら 追加要素

トップページ->帝都モノガタリ->罪を孕みし堕落の子ら->追加要素

追加要素

 本シナリオの追加要素を記載します。
 よりシナリオをあれな方向へ導く可能性があるので、取り扱いに注意するとともに、キーパーは導入を注意深く検討をするようにしてください。

追加PC2ハンドアウト

 追加のPC2ハンドアウトを下記に示します。
 これらのハンドアウトはキーパーが管理可能であると判断し、その上でプレイヤーにも耐えられる、と思った場合の使用してください。
 その際、PC2ハンドアウトが『異なるものであることを明言する必要はありません』。PC2同士でも交換不可であることは事前に伝えてください。
 なお、追加のPC2ハンドアウトの3については、一度プレイ済みのプレイヤーか、あるいはサブマスター的な役割のプレイヤーに任せるのが適当です。キーパーはそれぞれのハンドアウトの運用に気をつけてください。
 また、ハンドアウトの後ろに記載してあるのは、キーパー向けの概要なので、プレイヤーには通常のPC2と同じく、『元々学園にいる生徒。PC1へ絡みに行く』と伝えてください。

 ・PC2 1『在校生』PC2へ絡みに行く。探索者間の関係が複雑化する。
 ・PC2 2『在校生』七色の欲望を持つか、超冷徹。どちらにせよ、事態を悪化させる可能性がある。
 ・PC2 3『在校生』狂える道化師。正気度0。

追加PC3情報

 PC1のハンドアウトに記載のある、PC1の悪徳にまつわる事件ですが、通常のシナリオの場合は、PC1本人が語る機会が無ければ、表面化、情報が伝わることはありませんでした。
 この事件の情報を、キーパーは可能であれば事前に設定させ、あるいはその場でもPC1と相談(密談)して決めてください。
 そいて、キーパーの判断において、PC1の事件をPC3が知っていることにしてください。しかも、このことはPC1本人も知らず、また学校側にも伝えていない、という状態としてください。
 何故、その情報を手に入れたかは詳細を決める必要はありませんが、たまたま東京の知り合いからとかで問題ないでしょう。PC3がこのネタをどうするかは自由ですが、キーパーと相談(密談)が増える可能性があります。