×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソード・ワールド2.0

トップページ->TRPGレヴュー->ソード・ワールド2.0

 懐かしいなあ・・・。旧版の初版がなんと平成元年4月!(ちなみに手元にあるのは第5版、元年の8月。わずか4ヶ月で4回も重版されています)
 文字通り、ソード・ワールドRPGのバージョンアップ(?)版です。
 アリアンロッドがソード・ワールドをリスペクトして作ったF.E.A.Rのソード・ワールドだと言われていますが、こちらはアリアンロッドをリスペクトして作ったグループSNEのアリアンロッドとも言えるような感じでしょうか。
 ・・・凄い誤解を招く発言をしてる気が。
 両者がMMORPGを参考に作成されているか、あるいはMMORPGらしいTRPGに作られているとか、そういうことです。

 相変わらず2D6のみを使用するシステムで、基本的な『技能LV+能力値ボーナス+2D6』の判定方法に変更はありません(「変更するとソード・ワールドじゃないから変更しなかった」、とかデザイナーのコメントがあった気が)。
 もう一つの売りであるレーティング表がなくなっていますが、武器のダメージを決定する際に固定化されたレーティングを振ることになっています(・・・で、ルールブックIIで武器のカスタマイズのルールが追加されて、レーティング表が載っていたり(笑))。
 しかし、防具のレーティングは無くなっており、固定値の防御力となっており、さらに冒険者レベルによるダメージ減少もなくなっています。
 冒険者レベルが上がることによってHPが上がるシステムに変更されているので、旧版の「当たった、ダメージなし」とか、「当たった、ダメージ2点」とかいう小幅なダメージの動きではなく、がしがしとHPを削りあう、という感じのシステムに変更されています。

 基本的なシステムはそのままですが、基本的な技能の分割、追加が行われており、これが「えぇっ?!」か、「げぇ・・・っ!」てな感じになっています。
 素手で殴る専門の「グラップラー」や、射撃のみの「シューター」、魔法関連はかなり分割、追加がされており、「ソーサラー」「コンジャラー」「フェアリーテイマー」「プリースト」「マギテック」となっています。それぞれ特徴があるのですが、いまいち、使い勝手が悪い、二系統以上の習得が必須というように見えています(特に、プリーストが2LVにならないと回復魔法が使えないのには、まさに「げぇ・・・っ!」という感じです)。
 特に、「あれ?」となるのは、「ファイター」技能ではイニシアチブが取れない!ということです(先制値を上げるのは、「スカウト」技能のみで、優れた戦士はすべからく「スカウト」技能が必要、とでも言うのでしょうか)。
 戦闘面では、旧版ではいわゆるオプション行動とも呼べたものが全て「戦闘特技」というカテゴリになっており、それがなければ単純な行動しかできないことになっています。
 ただ、これらは基本的に「判定結果が出る前に使っておいて、失敗すれば全てチャラ」というタイプで、F.R.A.Rのゲームに見られるような「判定結果が出てからリソースを注ぎ込んで、効果を上げる」と言ったことができないようになっています。
 この為、あまり派手さはありませんが、トラディショナルな、D&Dの様な、「ダイスを振る前によく考えろ」、「リソースは後どれだけ残っている」、ということが重要になってきます。

 今回、世界は全く新規で起こされています。
 世界観自体も全く変わっており、「冒険者は正義の味方」とされ、明確な敵として「蛮族」というものが設定されています。ルールブックにも「蛮族に人権は無い。殺しても問題ない」(意訳)とか、「蛮族は積極的に殺して、剣の欠片を奪うべきだ」(意訳)とか書かれています!
 分かり易い敵を設定した、というデザイナーのコメントがどっかでありましたが、おかげで冒険者の方が「奪え!殺せ!」という北斗の拳の雑魚モヒカンみたいになってしまう始末です(「汚物は消毒だぁ!」とか言いながらファイアボルトを打つのは止めましょう(笑))。
 全く新しい世界になっていますが、相変わらずのグループSNEのリプレイ、小説攻勢によって、また設定の無い部分が無くなることが危惧されますが、現在のところ大陸の極一部しか設定されていません。

 まとめとして、ソード・ワールドの良いところを踏襲、整理しつつ、現代的な要素やMMORPGの面白いところ入れた、というところです。
 よくまとまっていますし、バランスも悪くなく、また長く遊ぶことを前提にしている為、成長の楽しみもあります。
 ただ、今後、ルールブックが追加されていくと、バランスの崩壊を見る可能性も十分にあります(ルールブックIIでかなり嫌な感じが漂っています)。

※今回は大阪でお世話になっている他所様のサークルで行いましたので、F.G.メンバーのコメントはありません・・・。悪しからず。

製作元グループSNEのソード・ワールド2.0のページはこちら。
http://www.groupsne.co.jp/products/sw/
※エラッタとQ&Aがサポートされています。